カードローン金利と契約額の3つのポイント

カードローンは、現在銀行や消費者金融等から多く提供されており、選択にも迷う程ですが、カードローン選びに重視される点の1つにその金利と契約額が挙げられます。

そこで、この金利や契約額については、選択に際し主に3つのポイントがあります。


まず1つ目には、一般的にカードローンの金利は変動金利で改定されることがあり、大きく分けて銀行と信販会社、消費者金融とで異なります。
そして、特に銀行内でも実店舗を構える銀行とネット専用銀行とでは違いがあり、また同じ提供先でも商品によって異なるなど様々な金利設定がされています。

の情報を調べてみましょう。カードローンの比較

その傾向としては、上限下限共に銀行のカードローンでは消費者金融の商品よりも低く設定されており、銀行内でもネット銀行の方が低く、また信販系については上下限共にバランス良く他に比べ開きが少ないなどの傾向があります。

更に消費者金融の商品では特に上限が18%程度と法定金利内で健全な運営が行われています。

知って大満足の教えて!goo情報を多数ご用意したサイトです。

2つ目には、契約額に関しては、最大1000万円や800万円などかなり纏まった金額となっており、カードローン本来のコンセプトである急な出費への迅速な対応を超えて、使途目的自由のローンとして車などの購入費や債務の一本化等多様な利用方法を実現可能としています。一方最小は10万円程度で最大契約額からは大きく開きがありますが、その分多くの方の多様なニーズに対応しています。

そして3つ目には、金利は通常上限と下限により示されていますが、その幅に関しては契約額に従って段階的に適用利率が分けられています。

その為、最大契約額に近い纏まった金額を利用する場合には下限金利、少額を繰り返し利用する場合などには上限金利、また利用金額が一定ではない場合には上下限のバランスが注目するポイントとなります。



MENU